明るい場所

亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係している特殊な酵素や、細胞・組織などの活動に関わる酵素など、約200種類以上の酵素の構成要素として絶対に外せないミネラルだといわれています。
脂溶性であるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを促進することで知られていて、血液中の濃度をコントロールし、筋肉の動き方を調整したり、骨を作ったりしてくれます。
明るくない場所では光量不足によりものが見えづらくなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに余計なエネルギーがかかり、明るい場所で物を見るよりも疲れやすくなるといえます。 Continue reading “明るい場所”

耳鳴り

暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、多忙によるストレス、老化というような複数の誘因によって、インスリンの分泌量が少なくなったり、働きが衰えたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。 Continue reading “耳鳴り”

筋細胞

バイ菌やウィルスなどの病気を齎す病原微生物が口から肺に潜り込んで発症してしまい、肺の内部が炎症反応を示している状況を「肺炎」と呼んでいるのです。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の中が細くなってしまい、血液の流れが途切れ、栄養や酸素を心筋に配達できず、筋細胞自体が機能しなくなる大変恐ろしい病気です。 Continue reading “筋細胞”