心臓

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという特徴があり、オゾン層を通過する際に一部が吸収されるものの、地上まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内側で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を破壊するなど、皮膚にとって悪い影響をもたらすと言われています。
よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が細くなって、血流が途絶えて、重要な酸素や栄養が心筋まで送られず、筋線維そのものが機能しなくなってしまう深刻な病気です。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最もよくある中耳炎で幼い子どもによくみられます。耐え難い耳の痛みや高熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(耳垂れ)などが発生するのです。
「とにかく多忙だ」「無駄な様々な付き合いが嫌で仕方がない」「先端技術や情報のハイレベルな進化になかなか付いていけない」など、ストレスが溜まる状況はみんな異なります。
骨折してかなり出血してしまった時に、低血圧になって眩暈やふらつき、冷や汗、悪心、顔面蒼白、意識喪失などの色々な脳貧血の症状が出るケースもあります。
体を維持するのに必要なエネルギーとして速攻で役立つ糖、細胞の生まれ変わりに絶対欠かせない蛋白質など、厳しいダイエットではこんな活動をキープするために外すことができない栄養素までも減少させてしまう。
チェルノブイリ原発の爆発事故の数十年に及ぶ追跡調査のデータからは、体の大きな成人よりも体の小さな子どものほうが放出された放射能の害をより受容しやすいことを痛感します。
悪性腫瘍である卵巣がんは、通常ならばヒトの身体をガンから保護する役目を果たす物質を生産するための型のような遺伝子が異常をきたすことで罹患する病気だということが分かっています。
環状紅斑とは何かというと環状、要は輪っかのような円い形状をした赤い色の湿疹など皮ふのトラブルの総合的な病名ですが、病因は非常に多種多様だといえます。
陰金田虫(インキンタムシ)は20代〜30代の男の人多く、原則として股間部にだけ広がり、走ったり、お風呂に入った後など身体が熱くなると強烈な掻痒感を誘引します。
20〜30才代で更年期が訪れるとすれば、医学用語で表すと「早期閉経」という疾患を指します(この国の場合は40歳以下の女の人が閉経する症状をPOFと呼んでいるのです)。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今までの研究の結果、予防効果を見通せるのは、ワクチン接種日のおよそ14日後から約150日間ほどだろうと言われています。
ブラッシングで、入居者さんがセラピーキャットをとても愛おしく思うことによって「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスを緩和したり精神の癒しなどに繋がっています。
普通なら骨折を起こさない位のごく小さな力でも、骨の一つの個所だけに幾度も繰り返し途切れることなく力が加わることにより、骨折へとつながることがあるので油断できません。
基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横臥位でじっとしていても燃焼するエネルギーのことですが、大方を骨格筋・最大の臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が占めると言われているようです。