出血

歳を重ねることに縁る難聴においては段階を経て聴力が落ちるものの、通常還暦過ぎまでは聞こえの悪化をきちんとは認識できません。
吐血と喀血、2つとも口腔から血を吐くことですが、喀血というのは咽頭から肺に達している気道(きどう、呼吸器)からの出血のことであり、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上にある消化管から血が出る状態を表します。
ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が失効した後に販売され、新薬とまったく同じ成分で負担分を抑制できる(薬の価格が高くない)後発医薬品のことをいいます。
今、比較的若い世代で結核(けっかく)に対抗する免疫力(抵抗力)を保有しない人々が増加傾向にあることや、早合点のせいで受診が遅れることに縁る集団・院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっているようです。
シルバー世代の人や慢性病を患っている人などは、際立って肺炎に弱く治るのが遅いという特徴があるので、予防に対する意識や迅速な処置が大事なのです。
塩分や脂肪分の摂取過多をやめて続けられる運動を心がけるだけでなく、ストレスの多すぎない暮らしを心がけることが狭心症を誘引する動脈硬化を未然に防ぐ方法だといえます。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、患者が咳き込むことで空中に飛び散り、空気中でフワフワと飛んでいるのを今度は別の人が空気と一緒に吸い込むことによりどんどん感染していきます。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、今までの研究によって、予防の効能が見込めるのは、接種の約2週後から約5カ月間程だろうと考えられているようです。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えて煙草を吸う事・お酒・肥満症などのライフスタイルの変化、ストレスによって、ことさら日本人に増えつつある疾患の一種です。
スギの花粉が飛散する3月前後に、お子さんたちが体温はいつもと変わらないのに頻繁にくしゃみしたり水っ洟が出続ける症状だったなら、もしかしたら杉花粉症の恐れがあるかもしれません。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科処置としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」の2種の手術が一般的に使われています。
急性腸炎(acute enteritis)は、通常は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しを伴う程度で治まりますが、細菌感染による腸炎の場合は猛烈な腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢に加えて高い発熱が見分けるポイントです。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを持った精液、血液を始め、女性の腟分泌液や母乳などの体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜部分に接触することにより、HIV感染のリスクが大きくなってきます。
食中毒の原因にもなるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒素の極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒の軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類に分けられるのです。
肥満(obesity)の状態は勿論食事の栄養バランスや運動不足などが要因ですが、同量の食事であっても、あっというまに終了する「早食い」をすることにより脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きます。